Itemアイテム

  1. ホーム
  2. グリーン アイテム
  3. 植栽
  4. アオダモ(青梻)

アオダモ(青梻)

春になると白っぽい、小ぶりな花がまとまって開花し、ひとつの大きな花のようになり、秋にはシマトネリコに似た豆状の実をつけます。非常に頑丈で、野球のバットやテニス用ラケットの素材としても有名です。

学名:Fraxinus lanuginosa form.serrata
その他の名前:コバノトネリコ

原産地:日本、朝鮮半島
樹高:5m~15m
開花時期:4月~5月
収穫期:10月下旬~12月中旬
花色:白、クリーム色
耐寒性:普通
耐暑性:普通
特性など:落葉広葉、高木、シンボルツリー

肥料
・・・基本的に必要ありませんが、生育が悪い場合は1月~2月頃に株まわりの土に油粕や腐葉土、堆肥を混ぜます。
病気
・・・特に問題になるものはありません。
害虫
・・・特に問題になるものはありません。
剪定
・・・時期は1月上旬から3月中旬です。花芽が成る枝を落とさないよう注意しながら、自然樹形を保つように間引き剪定を主体にします。

モクセイ科/トネリコ属/落葉広葉樹

樹皮にできる白点が特徴的。
長さ10cm弱ほどの小さな葉が集まる。
先端は尖り、細かなギザギザが縁にある。
植栽 庭 落葉高木 庭木 アオダモ 花
小さな花が集まって開花する

トップページに戻る

関連商品

PAGE TOP >>>

お問い合わせ