Itemアイテム

  1. ホーム
  2. グリーン アイテム
  3. 植栽
  4. エゴノキ(野茉莉)

エゴノキ(野茉莉)

日本の山野に自生している落葉高木です。
菱形に近い小さな葉と、下垂して咲く白い花が特徴で自然風の庭に人気のある樹木です。横に広がりやすい樹形なので狭い場所に植える際は株立ちに仕立てたものを利用します。秋につける実の皮には毒性があるため、小さいお子様やペットのいる家庭には注意が必要です。

エゴノキ、落葉高木、植栽、庭木

学名:Styrax japonica
和名:エゴノキ
その他の名前:ロクノギ、チシャノキ

原産地:北海道、本州、四国、九州、沖縄県
樹高:7~8m
開花時期:5月~6月
花色:白、ピンク
耐寒性:強い

耐暑性:強い
特性など:落葉性、耐寒性が強い、盆栽向き

肥料
・・・花後の6月と、2~3月に大粒の緩効性肥料を与えます。
病害虫
・・・カイガラムシ、アブラムシ、さび病、うどんこ病
剪定
・・・伸びすぎた枝の剪定は、花後すぐに行ってください。不要な枝を間引く程度で、自然に樹形が整います。

エゴノキ科/エゴノキ属/落葉広葉樹

エゴノキ、落葉高木、植栽、庭木、幹
幹は成長とともに暗褐色になり黒っぽく目立つようになります。
あまり太くなりませんが、途中で曲がってしまうなど癖のある樹形になることがあります。
エゴノキ、落葉高木、植栽、庭木、葉
若い葉は星状毛がありますが、成葉では無毛になります。
側枝の先端と葉腋から白い花を下向きにつけます。

トップページに戻る

関連商品

PAGE TOP >>>

お問い合わせ