Itemアイテム

  1. ホーム
  2. グリーン アイテム
  3. 植栽
  4. アブラチャン(油瀝青)

アブラチャン(油瀝青)

アブラとは油のことで、その名の通り油分を多く持った植物です。この性質を活かして、たいまつや焚き火などに利用されてきました。株立ちする姿に趣があり、観賞用としても親しまれています。クスノキ科ならではの芳香があるものの、油の混じったような香りがします。

アブラチャン 落葉低木 クスノキ科 植栽

学名:Lindera praecox
その他の名前:ムラダチ(群立ち)、ヂシャ、ゴロハラなど

原産地:日本(本州 四国 九州)
樹高:3m~5m
開花時期:3月~4月
花色:黄色
耐寒性:普通
耐暑性:普通
特性など:雌雄異株

肥料
・・・特に与えなくてもよく育ちます。肥沃な土を好むので、肥料代わりに年1回、腐葉土や堆肥を株元に敷いてあげてもよいでしょう。
病気
・・・特に問題になるものはありません。
害虫
・・・特に問題になるものはありません。
剪定
・・・落葉期に混みあった枝や古くなった枝を、枝分かれしている箇所から切り落として枝の数を整理します。 自然樹形に近い方が美しいので、枝を中途から切り落としたり刈り込むようなことはせず、枝を切る作業は最低限にとどめます。
 

クスノキ科/クロモジ属/落葉低木

アブラチャン 落葉低木 クスノキ科 植栽
幹と枝は茶色と灰色が混じったような色をしています。樹皮はなめらかで、小さい皮目が多いという特徴があります。
アブラチャン 落葉低木 クスノキ科 植栽
アブラチャンの葉は、楕円形ですが先端がとがっているのが特徴
また、表は緑色、裏は灰白色というように色が違います。

トップページに戻る

関連商品

PAGE TOP >>>

お問い合わせ