Itemアイテム

  1. ホーム
  2. グリーン アイテム
  3. 植栽
  4. シマトネリコ(島十練子)

シマトネリコ(島十練子)

小さくツヤのある葉と、軽い印象の樹形が人気の常緑高木です。
日当たりを好みますが、半日陰でも育てることができます。成長は早いですが剪定に耐え、花芽を気にしなくて良いため年間管理は比較的容易です。寒さにあたると落葉することもあります。

シマトネリコ、常緑高木、植栽、庭木

学名:Fraxinus griffithii
和名:シマトネリコ
その他の名前:タイワンシオジ

原産地:日本(沖縄県)、台湾、中国、フィリピン
樹高:10m
開花時期:5月下旬~7月上旬
花色:白
耐寒性:やや弱い
耐暑性:強い
特性など:常緑性、日陰でも育つ


肥料
・・・基本的になくても育ちますが、与える場合は春から秋に緩効性の置き肥を与えます。肥料を与えると大きくなりすぎる場合があります。
病害虫
・・・ハダニ、アブラムシ、イモムシ、ハマキムシ、シャクトリムシ
剪定
・・・真夏を避けて必要なときに随時剪定が可能です。一気に切らず、少しずつ伸びた枝を落とすように行います。

モクセイ科/トネリコ属/常緑(または半常緑)広葉樹

シマトネリコ、常緑高木、植栽、庭木、樹皮、幹
爽やかな印象の幹。株立ちに仕立てて利用することが多い。
成長期には、樹皮がはがれ落ちることがあります。
シマトネリコ、常緑高木、植栽、庭木、葉
ツヤがある繊細な印象の葉は、雑木風だけではなくさまざまな雰囲気に合います。寒さにあたると紅葉する場合があります。

トップページに戻る

関連商品

PAGE TOP >>>

お問い合わせ