Itemアイテム

  1. ホーム
  2. グリーン アイテム
  3. 植栽
  4. ヤブラン(藪蘭)

ヤブラン(藪蘭)

ほぼ一年中同じ草姿を保ち、性質が強く、丈夫で手のかからない植物なので、古くから緑化や造園の植栽材料として広く利用されています。革質の細長い葉は、しなやかで堅く、8月から10月には長い穂を伸ばして、青紫から白色の花を咲かせます。

日光・・・日の当たる場所でも、明るい日陰のような場所でも育てることができます。ただし、日陰では葉っぱがまばらで、徒長気味な成長になってしまい、実をつける花も少なくなります。
置き場所・・・直射日光にさらされない場所であれば、幅広い環境に適応できます。耐寒性は比較的強めで、関東以西の場所で育てる場合には、冬越しの対策を施す必要はありません。
温度・・・管理温度に関して神経質になる必要はありません。寒い地域でも、-12℃から-18℃程度でしたら問題なく耐えられます。
葉水・・・春の新しい芽が出始める頃には乾燥させないように水を与えてあげることで、美しい花が結びます。
病害虫・・・ナメクジ、ハモグリバエの発生には注意が必要です。また、炭そ病に感染した葉は、なるべく早く取り除きましょう。
植え替え・・・植え付けに適した時期ですが、真夏と真冬の時期を避ければ、ほぼ1年行うことができます。理想的な時期は3月から6月にかけて、9月から10月にかけての生育期が根付きやすくなります。

トップページに戻る

関連商品

PAGE TOP >>>

お問い合わせ