Itemアイテム

  1. ホーム
  2. グリーン アイテム
  3. 植栽
  4. キョウカノコ(京鹿子)

キョウカノコ(京鹿子)

キョウカノコは1.0mになる日本原産の多年草です。葉は掌状に5裂し、花は茎の先端に小さい紅紫色の花を多数咲かせます。お茶花として定番の植物。葉にはモミジのような大きな切れ込みがあり、冬期は地上部がなくなります。剛健で育てやすく、ふんわりとした花を広がるように咲かせます。最近ではドライフラワーや押し花にも使用されています。

キョウカノコ 宿根草 植栽 下草

学名:Filipendula puruprea
その他の名前:アッパナ・カノソウ

原産地:日本
樹高:~1m
開花時期:6~8月
花色:ピンク、白
耐寒性:強い
耐暑性:あり

肥料
・・・春先に緩効性固形肥料をあげてください。
病気
・・・うどんこ病
害虫
・・・特に問題になるものはありません。
剪定
・・・花が色あせて来たら切ります。花を早めに切ると株が生育しやすいので、早めに切って切り花として楽しむのがおすすめ。

バラ科/シモツケ属/落葉性宿根草

キョウカノコ 宿根草 植栽 下草
花は茎の先端に小さい紅紫色の花を多数咲かせ、お茶花として定番の植物です。
最近ではドライフラワーや押し花にも使用されています。
キョウカノコ 宿根草 植栽 下草
葉にはモミジのような大きな切れ込みがあります。冬期は地上部がなくなります。

トップページに戻る

関連商品

PAGE TOP >>>

お問い合わせ