Jun Nakazawa中澤 淳

  1. ホーム
  2. コーディネーター 中澤 淳

以前は化学系メーカーで開発と技術営業を担当していました。ですからエクステリアの業界とほぼ接点はありません。しかし自分自身の家を建てた時、庭の見栄えによって住宅全体の印象が大きく変わることを知り、エクステリアの面白さと大切さを実感しました。そして縁あって、D's casaに転職しました。同じ「営業」でも、前職とはまったく勝手が違います。今の仕事は、新しい物件に出会うたびに配管の位置や基礎工事の方法などが異なるため、常にゼロから勉強しなくてはなりません。覚えることも多くて大変ですが、直接お客様から「ありがとう」を言っていただくと、エクステリアの仕事で本当に良かったと思います。

現在、一年で40件以上の物件を担当させていただいています。初めて一人で担当させてもらった物件は、比較的小規模のエクステリアと屋根のリフォームのお客様。完工してお客様にお引き渡しした時、自分が想像していた以上にお客様に喜んでいただき、こちらが恐縮してしまったことを覚えています。こんなに喜んでもらえたことが嬉しくて、エクステリアの営業になって本当に良かったと思いました。

中澤 淳


Jun Nakazawa
コーディネーター
営業部 主任
星座/おとめ座
血液型/B型
出身地/愛知県
趣味/サッカー観戦
好きな食べ物/カレーライス
行きたい国/スペイン
一言コメント/皆様のご要望やお悩みをお聞かせ下さい。どんな些細な事でも結構です。皆様のライフスタイルに合ったご提案ができるよう日々勉強して参ります。世界に一つしかない皆様だけのお住まい造りを是非お手伝いさせてください。

前職の技術営業の役割は、自社の開発・生産部隊、そしてお客様などのものづくりに関わる全体を見渡して、プロジェクトを順調に進めることでした。当社の営業も、基本的に役割は同じだと思います。エクステリアを美しくしたいというお客様がいらっしゃって、全力でそのご要望にお応えしたいというデザイン部署があって、工事を担当する部署があって、多くの職人さんが関わっている。その中央で全体を見渡しながら、企画段階から工事完了まで責任を持ってプロジェクトを進めるのが私の仕事です。

お客様のご要望をお聞きするのはもちろん、それを迅速に設計や現場に伝え、最終的に全員が満足できる物件になるように努力しています。私は大学時代、まだ世の中にはないカラフルな太陽電池の研究をしていました。今はまだ実用化されていませんが、いつか、外装材としても利用できるような太陽電池が開発されたら、誰よりも先に私がお客様に提案したいと思っています。

Message

どの業界であっても、営業で最も大切なのは、お客様のお話しに素直に耳を傾け、意思や意向をしっかりとお聞きすること。そのために、こちらからあれこれと説明する前に、まずお客様のお話しをお聞きするようにしています。私の場合、実際に自分で家を建てて初めてエクステリアの重要性に気づきました。ですので、お客様が家づくりに対してどんな不安を持っておられるか、何が分からないかは自分なりに理解できると思います。どんなことでも結構ですので、ぜひ私になんでもお聞かせください。お客様のご要望をお聞きするのはもちろん、それを迅速に設計や現場に伝え、最終的に全員が満足できる物件になるように努力しています。私は大学時代、まだ世の中にはないカラフルな太陽電池の研究をしていました。今はまだ実用化されていませんが、いつか、外装材としても利用できるような太陽電池が開発されたら、誰よりも先に私がお客様に提案したいと思っています。

PAGE TOP >>>