Itemアイテム

  1. ホーム
  2. グリーン アイテム
  3. 植栽
  4. コハウチワカエデ(小羽団扇楓)

コハウチワカエデ(小羽団扇楓)

花後にプロペラ状の実がつきます。紅葉期になれば様々な色合いに移り変わる様が楽しめます。

学名:Acer sieboldianum Miq
その他の名前:イタヤメイゲツ

原産地:日本
樹高:10m~15m
開花時期:5月~6月
花色:クリーム色
耐寒性:強い
耐暑性:強い
特性など:落葉性、実がなる、半日陰、シンボルツリー

肥料
・・・開花前後に化成肥料を与えます。
病気
・・・特に問題になるものはありません。
害虫
・・・特に問題になるものはありません。
剪定
・・・基本的に剪定は行いません。風通しを良くしたり、不要な枝を落としたりする剪定は落葉から2月までに。

ムクロジ科/カエデ属/落葉高木

生育していくと暗灰色の樹皮になります。
モミジよりも浅い切れ込みと丸みのあるやわらかな葉形。

トップページに戻る

関連商品

PAGE TOP >>>

お問い合わせ