Itemアイテム

  1. ホーム
  2. グリーン アイテム
  3. 植栽
  4. ナツハゼ(夏櫨)

ナツハゼ(夏櫨)

日本のブルーベリーとも呼ばれ、果実は生食やジャムなどに加工して利用できます。あまり大きくならずに、成長も遅いので管理も簡単です。また、花・果実・紅葉を楽しむことができる多彩な樹種です。お庭では他の植物と合わせてサブツリーとして活躍してくれます。

ナツハゼ 庭木 植栽 落葉中低木 夏櫨

学名:Vaccinium oldhamii

原産地:北海道・本州・四国・九州、朝鮮半島、中国中部
樹高:1〜3m
開花時期:5〜6月
花色:赤みがかかった薄い黄緑色
耐寒性:強い
耐暑性:強い
特性など:落葉性,耐寒性が強い


肥料
・・・花後に新梢が伸びる6月と、12月から1月に寒肥として緩効性の化成肥料や固形の油かすを施します。
病気
・・・特に問題になるものはありません。
害虫
・・・特に問題になるものはありません。
剪定
・・・小苗の場合、1~2年間は枝先を15cmほど切り戻して、新しい勢いのよい枝を出させるようにします。果実をつけるようになった株で樹高を抑える場合は、好みの高さの位置で剪定します。このとき、内側に伸びた枝や枯れ枝を取り除きます。適期は落葉中の12月から2月です。ただし、剪定した場合は花が咲きません。

ツツジ科/スノキ属/落葉中低木

ナツハゼ 庭木 植栽 落葉中低木 夏櫨
葉の表面や縁には先端が腺になった粗い毛が生え、とくに主脈上に多い。
ナツハゼ 庭木 植栽 落葉中低木 夏櫨
樹皮は灰褐色。縦に裂け、縦長の薄片になって剥がれる。若い枝は赤褐色。

トップページに戻る

関連商品

PAGE TOP >>>

お問い合わせ