Itemアイテム

  1. ホーム
  2. グリーン アイテム
  3. 植栽
  4. コバノズイナ(小葉の髄菜)

コバノズイナ(小葉の髄菜)

耐寒性・耐暑性に優れており丈夫な性質で、樹形も自然にコンパクトにまとまりる育てやすい花木です。株元から多数の芽を出して株立になりますが、離れた場所に芽を出すことは無いので扱い易いです。

コバノズイナ 植栽 庭木 落葉低木 小葉の髄菜

学名:Itea virginica
その他の名前:

原産地:北アメリカ東部
樹高:1~2m
開花時期:5~6月
花色:白
耐寒性:強い
耐暑性:強い
特性など:落葉低木、庭木、盆栽

肥料
・・・1~2月と花後に施肥します。肥料は少なめでよく、庭植えの場合は、油カスに骨粉を3割程度混ぜたものを根元に撒いてやります。
病気
・・・特に問題になるものはありません。
害虫
・・・特に問題になるものはありません。
剪定
・・・剪定は花後に行います。伸びすぎた枝を切り詰めるとともに、花付きの悪くなった枝を元から切ります。
 

ユキノシタ科/ズイナ属/落葉低木

コバノズイナ 植栽 庭木 落葉低木 小葉の髄菜
葉は単葉で互生し、長さ5~12cmの楕円形~倒卵形で、縁に刺状の細かい鋸歯があります。
コバノズイナ 植栽 庭木 落葉低木 小葉の髄菜
枝先または葉腋に長さ10cmほどの総状花序を出し、多数の花を密につけます。
花は径1cmほどのクリーム色の5弁花で芳香があります。

トップページに戻る

関連商品

PAGE TOP >>>

お問い合わせ