Itemアイテム

  1. ホーム
  2. グリーン アイテム
  3. 植栽
  4. アベリア(花衝羽根空木)

アベリア(花衝羽根空木)

アベリアは、春〜秋の長期に渡って鐘形の小さい花をたくさん咲かせる常緑性の低木です。花の香りが豊かで排気ガスに強く、丈夫で育てやすいことから、庭木や生垣など様々な用途に適応します。

学名:Abelia × grandiflora
その他の名前:ツクバネウツギ、ハナゾノウクバネウツギ

原産地: 中国
樹高: 1~1.5m
開花時期:5月中旬~10月
花色:白,ピンク
耐寒性:強い
耐暑性:強い
特性など:常緑性,開花期が長い,生け垣向き,カラーリーフ,初心者でも育てやすい

肥料
・・・2月から3月の間に寒肥を、開花中盤の9月中旬に、緩効性化成肥料を施します。
病気
・・・特に問題になるものはありません。
害虫
・・・特に問題になるものはありません。
剪定
・・・環境が適していれば、時を選ばず枝が伸びて、次々に花芽をつくるため、4月から8月に好みの長さに剪定できます。

スイカズラ科/ツクバネウツギ属/常緑低木

ホープレイズ
光沢のある葉の緑に、クリーム色から白の覆輪の入る園芸品種。
コンフェッティ
葉の縁にクリームホワイトの斑が入る園芸品種。
新葉と冬期は斑が濃桃色になります。
カレイドスコープ
季節で葉色が変化する園芸品種で、昨今ではカラーリーフとしても人気。
春はブライトイエロー、夏はゴールデンイエロー、低温期にはブライトオレンジに変わります。

トップページに戻る

関連商品

PAGE TOP >>>

お問い合わせ