Suguru Omura大村 英

  1. ホーム
  2. 代表取締役 大村 英

私がお客さまに提案するうえで気をつけているのは、商品に頼らずデザインやセンスでより良いものをつくりあげること。ぱっと見でわかるような造形ではなく、さりげないもの、ディテールにこだわったものが好きですね。また、時にはお客さまにはっきりとノーを言うことも大切だと思っています。その施工によってお客さまの暮らしがどう変化するのか、どういった使い方をするのか。そういった想像のないままにつくられたものは、多くの場合無駄になってしまいます。もちろん会社的には売上が上がるほうが良いのですが、言われたことをこなしているだけであれば、私たちが手がける必要はありません。私はいつも、自分がこの家に住むならどうすうだろうかという視点を持って、お客さまに提案するようにしています。

他とは違った現場、すなわち“Only One”を心掛けております。 流行などでなく、飽きがこない様5年・10年後までを考えて設計しております。 私達がエクステリア&ガーデンを設計・施工する時は、お客様のライフスタイルを考え、 笑顔が増える様なお手伝いをしたいと思っています。私達は物を売っているのではなく“事”を提供しているのだと考えております。すべてはお客様との共通の価値観を達成するために…

妻と娘、ミニチュアダックスフンドとの4人家族です。娘が生まれてから、子どもがいると気をつけなければならないことはたくさんあるのだということを知り、出かける先や飲食店の選び方にも気を遣うようになりました。そういう目線に気づくことができたのは、自分にとって大きな財産だと感じています。

大村 英


Suguru Omura
代表取締役
星座/うお座
血液型/A型
出身地/神奈川県
趣味/愛娘『美結』の成長を見守る事愛犬のミニチュアダックスフンド『ciel』とまったり…
好きな食べ物/作ってくれた人の“愛情”があれば何でも…
行きたい国/スイス フランス(ニース)

私はもともと、ホテルマンか警察官になりたいと思っていたのですが、そのふたつの職業に惹かれたのは、どちらも人に奉仕する仕事だったから。昔から、人にもてなすこと、喜んでいただくことが好きだったのだと思います。この業界に入って驚いたのは、そういった視点がほとんどなかったこと。お客さまから大きな金額をいただく仕事にも関わらず、お客さまにおもてなしをしなければという考えを持つ人にはあまり会ったことがありません。私たちの仕事を指してエクステリア業やガーデン業などと呼ぶことも多いのですが、けっきょくはお客さま相手の仕事はすべてサービス業であると私は考えています。だからこそ、お客さまへの提案力はもちろん、レベルの高いおもてなしが求められて然りだと思うのです。

Message
「家」に「庭」と書いて「家庭」と読むように、家にとって庭は欠かせない存在。できれば、家づくりと同時に庭についても思いを巡らせていただきたいですし、それが、ゆとりのある生活にもつながってくると私は思います。緑とのつきあい方もさまざまあり、たくさんの観葉植物を置いたり家の中に小さなガーデンをつくったりというのもひとつの方法。あなたの住まいについて、ぜひ一度ご相談ください。

PAGE TOP >>>