Works施工例

外構,エクステリア
  1. ホーム
  2. 外構 施工例
  3. ナチュラル
  4. 外構 | 広い間口の中央に駐輪スペースを設けた、 他のどこにもないユニークな外構プラン

 名古屋 昭和区 K様邸

リビングから続く大きなストーントラスが ガーデニングの楽しみ方を広げる

数年前、白を基調としたシンプルな住宅を新築されたB様。その時、住宅の外壁に合わせてグレーの門柱をつくられました。しかし今回、敷地の間口いっぱいにLIXILの大型カーポートとゲートをつくりたいというご要望をいただきました。従来の門柱と、新しいゲートのマッチングをどのように図るかがテーマとなりました。

機能性とデザインを両立させた大型エクステリア

広い敷地に住友林業の住宅を新築されたK様。エクステリア設計に際して「他のどこにもない外構にしてほしい」という難しいオーダーをいただきました。しかし難しければ難しいほどデザイナーは嬉しいもの。まずは13メートルという超幅広の間口をどのように道路と接続するかが大きな問題でした。
そこで、間口の右側(写真手前側)を2台分のオープンな駐車スペースとし、左側(写真奥)は2台分の屋根付きカーポートとしました。その中央にある道路側に突き出した空間は、自転車置き場。あえて広い間口の中央に壁で囲まれた空間を突き出させることで、単調になりがちなスペースに動きが生まれました。
道路から見て右側のオープンスペース。乗用車をゆったり2台駐車できます。明るい石貼りの外壁の上と左右には広めの額縁(がくぶち)を設け、壁材である自然石を際立たせます。
道路から見て左側のカーポート。ブラック塗装のアルミ建材が、白い建物と外壁とのコントラストになっています。天井はスケルトンとし、カーポート内部が暗くなることはありません。
道路と向かい合わせにせず、あえて90度曲げてしつらえた門扉。中に入った左側が駐輪スペース。住宅に入る際に右側に回り込む動線設計は、エントランスから直接内部が見えないための配慮です。
道路と向かい合わせにせず、あえて90度曲げてしつらえた門扉。中に入った左側が駐輪スペース。住宅に入る際に右側に回り込む動線設計は、エントランスから直接内部が見えないための配慮です。

使用する場所に合わせて 人工木と天然木を使い分け

住宅の裏側、リビングの窓の前には大きなウッドデッキ。天然木そっくりの樹脂素材は耐久性・耐候性に優れ、木の暖かさと美しさはいつまでも変わりません。
カーポートと住宅を仕切るフェンスには、天然木のハードウッド、イペを使用。これは横浜港大さん橋の「くじらの背中」にも使用された素材で、年月を経るほどに落ち着いた色目に変わっていく様子を楽しめます。またカーポートの奥には、利便性を考慮して直接エントランスにつながるゲートを設けました。
エントランスと住宅の裏手をつなぐ通路は洗い出し仕上げとしました。

トップページに戻る

使用した商品(一部)

関連施工例

PAGE TOP >>>

お問い合わせ