施工場所

名古屋市 中川区 植栽でナチュラルに目隠し

外構工事の全景。門柱の配置を少しずらすだけで素敵な門回りになりました。
ブラウン系にまとまっていて、落ち着き感があります。
角柱の後ろには常緑樹オリーブの木を植えました。

自然木柱(イペ)を立てて、アプローチと駐車場との区切りも出来ました。

アプローチ部分に 自然石(平板) を使用し、自転車用のスロープを設置しました。


門柱の後ろにシマトネリコを入れ、柔らかい雰囲気になりました。<


愛知 名古屋 エクステリア 外構 ガーデン

Concept

車を3台停められるプランで、1台は来客用にとのこと。名古屋市内ではかなり間口が広いお宅でした。
外構のプランは基本的に“オープン外構”とのご要望でした。ただ、アプローチが単調にならないように2つの壁を設置しました。
道路側には表札とインターホン用の門柱、もちろん表札にもこだわってZERO製のガラス&ステンレス表札です。
マックスノブロック製のこだわりのポストは玄関から近いように奥の壁を設置しました。
さらに壁以外の“壁”をデザインするにおいては、天然木のイぺの角柱のウォールです。高さ、本数、配置、植栽とのバランスを考慮しました。
アプローチは豪華に天然石300角の平板を使用し、道路から玄関ポーチ近くまで敷き詰めました。
植栽や花がきれいに色づくと一層外まわり全体が映える外構です。


愛知県 尾張旭市 ガラスブロックを使った門周りのお問い合わせ・ご相談はこちらから

前のページに戻る

ページトップへ